DLT テクノロジー(*特許取得済み)とは・・・

パターでもトップやテンプラがあるのです。
シックは全てのパターのフェース上下を4つに分割してロフト配置しソールに近い部分を1度、上に向かって2度3度そして4度にしてます。
パターのベストなインパクトロフトは2〜3度と言われており、通常のパターはダウンブローに入るとフェースの上に当たり、逆にアッパー下に当たり安定した順回転ボールを打てません。Sikのテクノロジーはパターのトップ・テンプラを出にくくしたのです。


 



*Traditional putter-1 loft (通常のパターの場合)
ダウンインパクト、パッティングは(ボールはネガティブな動きになります) ナチュラルなアングルでヒット(順回転ボールになります)アッパーインパクトは回転少ないネガティブボールになります。

*Sik putter DLT 4-loft (シックの場合)
ダウンインパクト(ボールは順回転にでます) ナチュラルなアングルでヒット(順回転ボール) アッパーインパクト(順回転)
*GD インパクトロフトが2−3度でヒットするのです。